写真と違って動画では撮影の仕方にちょっとしたプランが必要だって話

スマホで写真を撮るように、動画を撮るのが当たり前になりつつありますね。
でも、静止画と動画では、ちょっとした撮影のコツがあると思うんです

それは…

伝えたいことを厳密に、しっかりフォーカスして伝えるための「プランニング」がとても大切だということ。

動画を作る場合、やみくもに撮影してシェアしても、なんだかよくわからないものになってしまうことも。
写真を撮るのと同じ感覚でSNSに上がってくる動画には、なんとなく、その場の「雰囲気」を
ボンヤリ撮影しているようなものが多い気がするんですよね。

その場で撮影している本人は、その場の雰囲気を体感しているから、
それ自体を写真を撮るかのようにサラッと動画で撮影してしまう。
でも、その場にいない人が、後でその動画を見ても、
なんというか、伝わってこない。

え、これって一体何を伝えたい動画なんだろう?って。

ここに気づいてる人、どのくらいいるのかな〜?って、ふと思ったんです。

多分、「伝える」というより、普通に写真撮影している時と同じように、その場を「切り取った」だけ。
だから、みる人に伝わらないんじゃないかと思うんですよね。

でも、もしこれが、誰かにレポートしたり、伝えることによって何か大切なこと、
例えば、その商品を買いたい!、とか、その場所に行ってみたい!、とか
そういう感情に訴えるには、やっぱり、「何をどう伝えるかプランニングすること」が
大切なんじゃないかと思うんです。

で、よくありがちなのが、
「あれと、これと、それと…、」って伝えたいことをがモリモリな場合。
この辺の取捨選択をするにも、まずは、プランニング
そこが、動画撮影の前に、とっても大事なことかな〜と思うんです。

実は私、動画作りのお仕事を依頼されたりするんですが、
その辺りをちゃんと聞いてから撮影、編集すると、やっぱり喜ばれたりします。
「そんな切り口があったのね〜!」って。

そう、ちょっと変化球というか、創意工夫、アイデア勝負なところかなと思うんですけどね。

カテゴリーや売るものによって、そのプランニングは十人十色。

もし「これから動画作りを始めてみたい」とか、
「お仕事で伝えたいものがあるんだけど、どうやってやったらいいのかな?」と思っている方へ、
少しでもお役に立てたら嬉しい限りです。

無料のお話し会やってます。
まずは気軽にやってみたいこと話してみませんか?

こちらをクリック↓


クラフティチャンネル Megminでした。

関連記事

  1. 自分がしている動画制作の仕事に「自信がない」なんて言えない

  2. ワクワクを表現する刺繍動画で再生回数アップ中!

  3. 動画作りのはじめ方「無料ミニ講座」開催!

  4. 動画を作って稼いでみるってあこがれる?

  5. YouTubeを名刺代わりに使ってみたっていいよね

  6. なぜ動画がいいんだろう?メリットを考えてみた